夏の夜、楽しみにしていたアイスを食べたときの事です。
キーンと痛みが…。一気に食べたから?と思いましたが、痛みは治まる気配がありませんでした。
いつもなら暫くすれば取れる痛みなのに。それどころか、歯にしみるような痛みが走りました。
歯全体が痛むと思ったら痛みは特定の歯に移動していったのでこれは虫歯かな、と考えましたがとりあえず様子を見ることに。
半年ごとに歯医者で検診を受けているのでそれ程酷い虫歯ではないはずです。

虫歯のケアとホームホワイトニングジェル

しかし、1週間たっても痛みは取れませんでした。
それどころか歯を磨いても水を飲んでも痛くて痛くて。特定の歯だけが痛むので虫歯だと考えすぐに歯医者の予約をしました。
痛みが続いていると伝えると、3日後の予約が取れてドキドキしながら診て頂きました。

ホームホワイトニングが重要なのは間違いがありませんが歯医者でのケアだって当然大切です。
先生や衛生士さんのチェックを見ているとどうやら虫歯のチェックと少し違うような…。歯科助手として働いていたので
何となく次は何をされるのか分かるのですが…。全てのチェックが終わり、先生が来ると「知覚過敏ですね。」と言われました。
私が!と驚いてしまいました。歯周病の初期症状と虫歯の対策ばかりに気を取られていて知覚過敏には全く気を付けていませんでした。
それに、年配の方がなるものという先入観があったからです。

痛みが出ている歯と、その周辺が特に表面が磨り減っている様でした。歯周病予防の為に歯肉と歯の境目をマッサージするように
優しく磨き、歯の表面や間の虫歯を防ぐために歯も一本一本時間をかけて磨いていました。しかし、やりすぎていたのです。
フロスもして歯垢もあまりなく、歯の磨き方も完璧と褒められる様にはなったものの、力が入りすぎていました。

歯の表面をフタをするようにCRをして頂いて、何度も口をゆすぎながら常温の水でもしみなくなるまで治療を続けました。
歯磨きをし過ぎて削れればまた知覚過敏の症状が出ると言われ、治療が終わってもしばらくは歯ブラシが当たるだけでも軽い痛みが走りました。
怖いし痛いので自然と軽くブラッシングする様になり、他に治療法がないか歯科医に尋ねると知覚過敏用の歯磨き粉に変えた方が良いと言われたので
早速買って使っています。歯周病、虫歯予防の歯磨き粉には研磨剤が含まれており、沢山使うとそれだけ歯が削れてしまうのだそうです。
知覚過敏用ですと研磨剤が入っていないので長期的に見て良いとのことでした。

今は知覚過敏用の歯磨き粉を少しずつ使い、優しく短時間で終わるようにブラッシングして歯磨きをしています。
これで治癒する人もいれば、良くならずにまた治療を繰り返したりする患者さんもいると聞いたので戦々恐々としていますが、
しみることも少なくなって来てアイスも美味しく食べられる様になっているのでこのまま寛解期が続くことを祈りつつ
これまで通り虫歯と歯周病にも気を付けて行きたいです。悩みの種が増えてしまい歳は取りたくないなぁと本当に思いました。

こんなことになるならもっと早くからホームホワイトニングをしておけばよかったです。

当サイトでも、ホームホワイトニングジェルの必要性を伝えていますので参考にどうぞ。