初めて行った歯医者さんで教えてもらったホワイトニング

初めての歯医者さんは2歳。
元々赤ちゃんの歯の生え始めから市の歯科健診などで「メラニンの質が悪いから歯は丈夫なほうではないかもしれません」と言われていたと母から聞きました。
歯磨きも嫌いだったわけではないし確かに偏食気味で栄養は偏っていたかもしれませんがこれといって大きな病気もありませんでした。
ただ歯だけはすぐ虫歯になるし、すぐ欠けてしまう。
永久歯になってからも虫歯ばかりで今は前歯上下共に4本程以外は全て銀歯です。
昔治したものばかりなので銀歯ですがもし被せの銀歯が取れてしまったら白い被せものに替えたいなと思っているところです。
34年間生きてきて1番酷かった虫歯は25歳の時。

そこで教えてもらったのがホームホワイトニングジェルでした。

家でもできるホームホワイトニングはお手軽ですし綺麗で健康的な歯を手に入れる事が出来るので非常にお勧めです。

右下の奥歯が夜中急に痛み、あまりの激痛で一睡も寝れず朝起きると右の頬から首にかけて腫れていました。痛みで口も開かず、ただ仕事は休むわけにもいかなかったのでどうにかこうにか午前中頑張ってマスクをしながら仕事をこなし、職場の近くの歯医者さんにお昼休みに駆け込みました。当時接客業だったので遅番の方が出勤してすぐ休憩をもらえたので助かりました。
レントゲンを撮ると放っておいた虫歯は神経までいき、顎の骨まで蝕みそうなところでした。
膿が溜まっていたので麻酔をし、切開、膿をとってもらいました。治療後は切開した傷の痛みなのか虫歯の痛みなのかわけがわかりませんでしたが…

ホームホワイトニングはジェルを使ってもする事ができますしお手軽なので誰もが取り入れやすい歯の健康方法でしょう。

もっと早く行けば良かった後悔と痛みから助けてくれたその時の歯医者さんは忘れる事はないと思います。
その一本の歯を治療するだけで1年はかかったと記憶しています。神経を完全になくすお薬を少しずつ少しずつ投与していきそれから歯を削り被せものをしたかと思います。

レントゲンをみると顎の骨が少し溶けてしまっていて、先生曰く「治療は済んでるけど後にこの顎の部分、何らかの影響があるかもよ」と言われ焦りました。
10年経ち、今のところ何もありませんがまたあの痛みがくるのではないかとやはりドキドキします。

やはり歯医者は定期的に行かなきゃだめですね。