ホームホワイトニングジェルと歯磨き粉

小学生の頃に奥歯が虫歯になり、かなり痛い思いをしました。
その時は神経を抜き、削った穴に詰めものをするという治療を受けました。
高校生になってから虫歯が悪化したため、とうとう歯を抜くことになりました。
左右の奥歯を抜いて、抜いた場所の左右に引っ掛けるタイプの差し歯にする予定でしたが、自分の舌が右に偏ってついているらしく、左右の歯を削るときに舌がぶつかって切ってしまうのです。
それが辛くて歯医者通いをやめてしまいました。
大人になってから、歯茎が腫れたり、痛んだりしたため歯科医を受診しました。
歯科医からは「虫歯にはなりにくい歯だけれど、歯周病には気をつけて」と言われました。
思えば、虫歯は生涯であとにも先にも高校の時に抜いた歯2本のみです。

歯周病の予防や治療には歯のみがき方による自己管理が大事です。
丁寧に歯をみがくことをしないと、歯石がたまりやすかったり、歯周ポケットに食べ物のカスがはさまって歯茎が腫れたり、ジクジクいたりするのだそうです。
数回通院し、歯茎の掃除だけでは歯茎の痛みは治りませんでした。
歯科医に訴えても、歯茎の掃除以外にできることはないというのです。
そこで、歯周病によいとされる歯磨き粉を使ってみることにしました。
歯周病によいとされる歯磨き粉は通常の歯磨き粉より高価です。
しかし、もう歯磨き粉に頼るしかありません。
最初に使ったのは塩味の歯磨き粉です。
塩は歯茎を引き締めるなんて言われています。
使い始めは、歯茎の腫れが治まり、痛みを消えたのですが、すぐに痛みがぶり返しました。
次に使ったのがシュミテクトです。

ホームホワイトニングジェルを使って歯を白くしていましたので苦労は意外と少なかったのです。
これはかなり効果があり、1年以上使用しました。
ところが、また腫れてきたのです。
今まで効果があったものが急に効かなくなるというのはどうしてなのか?
原因は分かりませんが、歯磨き粉を替えることにしました。
CMを見て生葉を使ってみました。
効き目はあり、今も使い続けています。
歯周病には歯科医にかかるより、専用の歯磨き粉を使ったほうが効果ありと思っています。
しかし、逆の説もあるのです。
家族が通う歯科医は歯磨きにも歯磨き粉は使用しないようにというそうです。
歯磨き粉には歯や歯茎によくない成分が入っているというのです。
万が一、使ったらしっかりと口の中をすすぐように指導しています。
テレビ番組では、歯を磨いたあとはあまり口をすすがないほうがいいと言っていました。
歯磨き粉の効果が薄れるからだと言います。
確かに歯磨き粉なしで磨くとザラザラ感がなくなって歯がツルツルします。
とはいえ、口臭が気になったり、歯の黄ばみも気になるのです。
現在、自分は歯磨き粉を使い、家族はなしで磨いています。
自分のあった方法でいいと思いますが、歯磨き粉が悪いのであれば何故、腫れや痛みが治まるのか・・・真相を知りたいものです。