歯の磨き方と虫歯とホームホワイトニングジェル

私は、虫歯治療のため歯科医に何回か行ったことがあります。その時に何回か歯磨きの指導を受けました。
歯ブラシは、歯と歯の間に入れ、歯間にはさまった食べかすを除くように、細かく揺するようにすること。また奥歯は磨きづらいので、口をすぼめれば磨きやすくなるので、口をすぼめてやるように、歯の上部はエナメル質が厚いので強く磨いても、差し支えないとのことです。なお歯間ブラシを用いればブラシで取り除けないものも取り除けるので、特に奥歯は歯間ブラシを使って取り除くことを言われました。また奥歯は小さい歯ブラシを用いれば磨きやすいので、普通の物と小さい物を使った方が良いと言われました。
ホームホワイトニングジェルはその点も大きく改善する事が出来る為便利なのです。

歯科医からの指導により歯を磨いていますが、それでもカスは残ってしまいます。そのためカスが歯垢となり、歯石にまでなって歯茎を圧迫しています。半年ごとに歯科医に行って歯石を取り除いともらっています。大きくなった歯石を取り除くのは電動の研磨機で除き、小さな物は鉤状のもので取り除くのですが、歯に響いたり、歯を削られているような感じがしますので、どちらもあまり良いものではありません。
ただ歯石をそのままにしておくと、歯石は細菌の塊でもあるため歯を溶かす恐れがあるので、定期的に歯石を取り除いた方が良いとのことです。
私は、歯が丈夫だったため長い間歯科医にいかなかったのですが、3,4年前に歯が痛み出したので、歯科医に行って歯の治療をしたのです。その治療の際に歯石も取り除いてもらったのですが、長い間歯石を取り除かったので、何回かに分けて取り除いてもらいました。その後何回か歯科医に通院しましたが、そのつど歯垢や歯石を取り除いてもらっています。歯科医から指導を受けて歯を磨いていても歯垢や歯石はできるものです。歯ブラシや歯間ブラシを用いても全ての食べかすを除くことはできないようです。そのためか何回か虫歯の治療をしました。また最近、歯が痛んだので歯科医に通院して診てもらったところは歯が割れているので、歯に歯形の金属を被せる治療をしました。その治療の際、入れ歯にするのには歯を抜かなくてはならないが、まだ使えるのでその歯に被せ物をするのが良いだろうと言われました。またその歯では固い物をかまないようにとも言われました。
歯を長持ちするのには、定期的に歯科医に通院して診てもらった方がよいかもしれません。歯垢や歯石は歯を磨いていてもできますので、歯石を除くためにも時々通院したほうが良いです。