歯医者での保険外治療ってどうなの?

歯の治療って1回では終わらないし、毎回そんなにお金が掛かるわけではありませんが、月に何度か通っているとそれなりの金額が掛かっていますよね。意外と歯科治療はお金が掛かるのに、なぜか歯科医は高額な保険外の治療を勧めてきます。一体それはなぜなのでしょうか。実はそれには歯科の悲しい事情があります。

診療の費用というのは、保険点数の合計点数によって決まります。初診、再診、検査など、診察や治療に関わるものには法律によってそれぞれ点数が定められています。また、それらの点数は科によって異なるのですが、歯科は他の科に比べて点数が低いです。

そして、歯科は他の科に比べると1人あたりの診察や治療時間が非常に長いです。短い人で10分位ですが、治療内容によっては2時間掛かる事もあります。人によって掛かる時間が様々なので、歯科医1人が1日で診れる人数にはどうしても限りが出てきてしまいます。内科であれば診察に1人2時間なんて掛かりませんよね。早い人は5分位で長くても15分といった所だと思います。そうすると分かると思いますが、歯科は非常に回転率が低く効率が悪いのです。保険点数が低く効率が悪いという事は、儲からないという事です。

保険適用外のホワイトニング

そして、歯科医院は今ではたくさんありますよね。一直線上に歯科医院が5件もあったなんて事もありますし、その数はコンビニの2倍だと言われています。そして歯科医院は毎年増え続けています。これがどういう事かお分かりでしょうか。歯科医院が増えるという事は、患者さんが分散するということです。ただでさえ保険点数が低く回転率も悪いのに、その上患者さんの数まで減少していくのです。
ホワイトニングも偏にいっても歯医者さんでするとなると数十万円は普通に必要になってきます。

また、高い歯医者だと数百万円を超えるケースも珍しくないでしょう。そうなるとホームホワイトニングジェルを使って自宅で白くする方法を選択する方が多いのも納得が出来ます。

そうなると、どうしても保険では儲ける事が難しくなっていきます。そのため歯科医は、高額な保険外の治療を勧めてくるのです。保険外の治療は保険の治療と違い、良い点もたくさんあります。金属アレルギーでどうしても保険の治療では対応出来ない人等には適しているでしょう。しかし、保険外の自由診療のため非常に高額です。

患者さんの体の事や、保険の治療がどうしても適応出来ない場合は仕方ありませんが、そういう理由も無くやたら保険外の治療を勧める歯科医には注意が必要です。歯科は儲からないので、保険外の治療も勧めないと経営上難しいという事情もあります。しかし、儲ける事しか考えていない歯科医もいるので、そういった事情がある事を理解しつつ、自分に合った医院を見極める事が必要です。