虫歯と歯の黄ばみは放置してはいけない

昔から歯医者が苦手でした。あのキュイーンという歯を削る音や詰め物の消毒のようなにおいがどうも抵抗感があって、親に引っ張られて通っていたのを今でも思い出します。
しかししばらく虫歯を放置していて後悔したことが過去に2回あります。今でも早めに歯医者に行って治療すべきだったなと思っています。
一度目は小学校5年生の時なんですが、右下奥の歯に虫歯があるのは知っていたのですが、それほどひどくなかったので放置していました。
ある時食べ物をかむときにとてつもない違和感と激痛が走ったのですが、歯医者に通うのが嫌で反対側のほうで食べ物をかむようにしていました。
そしたらいつの間にか顔が曲がった印象になってしまい、虫歯は治療をしたのですが、神経を抜く羽目になってしまいました。
噛み癖はしばらくして直したので今は顔の曲がりは気にならなくなったのですが、治療しないと様々なところにも影響が出るのだなと感じました。
そして二度目は社会人1年目の時です。大学に通っている時から右奥歯の痛みがあったのですが、勉強とバイトに明け暮れる日々でこちらも治療を放置していました。しかし食べ物が引っかかるようになり、そして歯磨き時に出血するようになり、これはヤバイと感じて下宿近くの歯医者に飛び込んだのでした。

歯の黄ばみはホームホワイトニングジェルを使って自宅でも行う事が出来ます。
医者からは案の定神経まで炎症が達しているので神経を抜いたほうがいいとの事。そして歯にだいぶダメージがあるとの事で、銀歯かセラミックをかぶせたいとの事でした。
銀歯のほうが安いのですが、口を大きく開けたときに見えてしまうので、ちょっと奮発してセラミックを入れることとしました。こちら保険が効かないので実費精算になるとの事でだいぶお金がかかってしまいました。
それ以来大きな治療はしておりませんが、私の歯は世間一般の歯と比べて組織が薄いとの事で、すぐに虫歯になりやすいとの事でした。3度の歯磨きと糸ようじを使った歯間そうじを勧められ、それ以来はこまめに歯のケアをするようになりました。

ホームホワイトニングジェルを使って綺麗にしておけば虫歯にもなりづらいですしいう事がないのは間違いありません。
私は比較的虫歯になりやすいようなんですが、反対に友人は全然虫歯になったことがなく、歯医者には歯石除去に定期的に通うものの治療はないよ、という方がいます。生まれ持っている歯の組織が違うのだと思いますが、そういう人もいるんだと勉強になりました。
出来れば入れ歯にはなりたくないと思っていますが、年齢とともに歯も弱くなってきますので、今できることとしてカルシウムを取ること、栄養バランスの取れた食事を心がけること、規則正しい生活をすること、ストレスをためないこと、この4点をしっかりと守って生活をしていきたいと思っています。