歯の健康を守るうえでのホームホワイトニングジェルの使用

体には、一つとして必要不可欠ではない、という場所はありません。どの箇所もみな、健康な生活を送るためには必要です。しかし、よく言われるように、例えば腰を痛めてしまうと、生活の基本動作の全てに支障が出ますし、同じように首の怪我は生命にも大きく関わります。これは一例で、それぞれの箇所が担っている大切な役割があることがよくわかります。

そこで、今回は歯について考えてみましょう。食べる、という生きていくためには欠かせない要素と密接に関係していることは容易に想像がつきます。租借できない状態では、食品を相応しい状態に刻むなどしなくてはなりません。そればかりではなく、力むため、つまり、あらゆる動作で力一杯行うための鍵が、この歯にあることも忘れてはなりません。

これは、虫歯などで歯に痛みを抱えている場合に、むしろ嫌なほど思い知ることになります。思わず痛みを忘れていて思いっきり歯を食い縛ってしまった経験がある方は思い出すことができるでしょう。そうです、あの神経にさわる鋭敏な痛みが頭部全体に響き渡ります。そして、その痛みは嫌なことにしばらく尾を引きます。このような状態では、うかつに運動をすることも憚られます。

歯の健康は、だれしもが歯磨きをすることで日々行っているはずです。歯は、ものすごく固い物質です。人体でもっとも固い物質と言っても過言ではありません。しかし、適切なケアを怠ってしまうと、それほど固い歯でも虫歯になってしまうのですから大変です。間違ったブラッシング、合わない歯ブラシ、食習慣など、さまざまな虫歯の原因が考えられます。

中でも、忘れられがちであり、かつ、ほぼ知られていないことに、人体の再石灰化ということがあります。これは、簡単にいってしまうと、カルシウム不足により、人体は自らを犠牲にして、つまり、カルシウムでできた物質を溶かすことによりカルシウムを産み出してしまうのです。つまり、直接的に汚れがついたままになった、などというのとは根本的に異なる理由で、しかもとても奥深い食事の栄養との関連において、歯は自らを溶かしてしまうのです。
ホームホワイトニングジェルを使って歯の健康を守ることだってできますし、清潔さも保つことが可能になります。

例えば、牛乳を飲めばカルシウムがとれる、という常識を信じている人は多くいるでしょう。しかし、ある研究によると、牛乳に含まれるカルシウムは特に日本人の消化器によっては消化吸収しづらい質を持っているそうです。そのため、結局吸収できないまま、体外に排出される運命になるようです。そればかりか、逆にカルシウム不足を招くという恐ろしい結果が報告されています。

現代の食品から、本当の栄養を吸収することはとても容易なことではなくなっています。そもそも、食品汚染、土壌汚染、食品添加物、などの大きな問題が山積しているためです。ですが、意識をもち、より安全な食品を選び、栄養をしっかり学び、食事をしていく可能性もあります。そうすることで、歯が溶かされてしまわずに済むのであれば、ぜひ一日でも早く心がけたいものですね。

ホームホワイトニングジェルをいくつか試しつつ良い歯を作っていきたいと思います。