コンプレックスの黄ばみはホワイトニングで治す!

私は歯にコンプレックスが3つあります。[歯並び・隙歯・黄ばみ]です。
歯並びは私が小学生の頃に母が歯の矯正を始めてくれたので、高校2年生の頃には綺麗に整えることができました。
しかし徐々に下の歯が歪み始めて、大学2回生になる頃には右側から見ると受け口のようになりました。
上の歯も全体的に前に出始め、口を閉じにくく、出っ歯に見えます。
眠る時に元々口呼吸だったことも出っ歯の要因かもしれません。
朝起きたら口・喉が乾いて痛い思いをするのが嫌で、鼻呼吸に変えたいのですが
出っ歯のおかげで気がついたら口が開いてしまっています。
また、中学生頃から隙間や歯茎の痩せが気になるようになりました。
幼い頃から虫歯になりやすい体質だったので、歯磨きを長時間かけてしっかりと行っていましたが

磨く強さはかなり強かったかと思います。怠け癖もあるので、時々サボって手を抜くこともありました。
強く磨きすぎ・サボって歯茎が腫れることもあることが仇となったのか、次第に歯茎が痩せていってしまいました。
前歯に隙間ができてしまい、自分でも時々「ノリが挟まってる?」と錯覚してしまう程…
長年付き合っている彼に、ふとした瞬間に「歯の隙間が気になるんよな?食べ物が挟まってるわけじゃないからね。笑」と言うと
「何年付き合ってると思ってるの?そんなの分かってるよ?。」と言われたのです…

周りの友人も気がついてるけど、言いづらいから口に出したことがないだけなんだろうな、と思った時にショックでした。
更に、気になり始めたのが、歯の黄ばみ。タバコも吸わない、ワインも飲まない、
カフェラテやぶどうジュースを少し飲むくらい…じわじわと黄色くなってきました。

歯が黄色いと顔色も暗く、くすんで見えるのが嫌なんです。
全ての悩みをクリアにしようとすると、[矯正・歯茎再生・ホワイトニング]しめて100万円は超えます。
正直、しなくても生きてはいけます。けれど、笑顔に自信が持てないんです。

ヘアカットモデルの撮影の際、何故かどこに行っても笑わないでクールな感じで、と指定されます。
それがイ撮影イメージに近いのかもしれませんが、正直「笑うな」と言われているようで内心傷ついています。笑
口元をあまり見せたくない、という思いから笑うときも口元のことが頭をよぎるのです。
しかし、しないままだと一度きりの人生を後悔してしまいそう…それくらい気になっています。
高額な治療費が払える経済力も今は持ち合わせておらず、もう少し先延ばしになりそうです…

ホームホワイトニングジェルの効果をしっかりと確認してから治療をして本当に良かったっと考えています。

ですが、できれば若いうちにしておきたい、結婚をするまでにしておきたい、という思いもあるので
今年25歳になる身としてはそろそろ動きだしたいのです!
自信を持って笑えるように、2017年には歯医者さんに相談し
スタートできるようにするのが、私の目標です。