親知らずとホームホワイトニングジェル

2年ほど前に歯医者に通ってた頃、知覚過敏と診断されたことがありました。
しみるのを防止するお薬を塗ってもらって一時期は落ち着いていたんですが、2ヶ月ほど前からまた水やお湯がしみるように。
気になってはいたんですが、小さい子どもがいるため、自分のことは後回しにしがちで、なかなか歯医者に行くことが出来ずにいました。

水やお湯がしみる以外では何も問題がなかったので、また知覚過敏だろうと思い、1ヶ月ほど放置していました。
虫歯なら食べ物があたったりしただけでも痛いだろうなぁと思っていたので。

ちょうどそんな時、子どもの2歳の歯科健診があり、ついでに私も歯を見て頂くことにしました。
そうしたら知覚過敏ではなく、上の親知らずが虫歯になっている、ということだったんです。

そもそも上の親知らずが生えていることを知らなかったので、びっくりしました。
上の奥歯って自分ではなかなか見えませんしね^^;

手鏡で虫歯になっているという親知らずを見せてもらったのですが、びっくり。
真っ黒だったんです!
白いところが見えないくらい真っ黒で、ショックを受けました。
それくらい進行している虫歯だったので、その親知らずのすぐ手前の歯も若干虫歯になってしまっていました。

歯医者さんから言われたのは、虫歯の部分だけ治すか、親知らずごと抜いてしまうかの2択でした。
ただ、親知らずって一番奥の歯だから治療するのも大変だし、虫歯の部分だけ削って治しても、磨き残しが多い歯だから、また虫歯になる可能性が高いというお話もしてくれました。
親知らずがあるとは思っていなかった私。
当然親知らずの治療も初めてです。

ですが、今回痛い思いをして虫歯の部分だけ治療しても、また虫歯になったら再度治療が必要になるので、お財布的にも肉体的にも痛い思いをしてしまう…。

何回も痛い思いをするのはごめんだなぁと思ったので、少し迷いましたが、親知らずを抜いて頂くようにお願いしました。
すると、すぐに麻酔をかけてくれることに。
麻酔の針が若干痛く感じましたが、全然耐えられます。
麻酔って速攻効くんですね、驚きました。

昔は歯の治療も麻酔無しにされていたので凄く痛くて、歯医者に行くのが本当に嫌いでよく逃げ回っていました。

ですが、麻酔が効いてくると怖いもの無しです。
いえ、親知らずを抜くのは初めてなので、怖いもの無しは言い過ぎですね^^;

この時は先に手前の歯の虫歯を治療してくださいました。
少し削って白い詰め物をして、それを磨いておしまいだったので、あっという間でした。

そのあとはいよいよ親知らずの治療です。
一番奥の歯ということもあり、ほっぺを強く引っ張られます。ホワイトニングジェルも使って自宅で歯を白くする努力ももちろんしました。

ほっぺには麻酔がかかってないので、引っ張られる力の強さで顔が歪んでしまいます。
その間、口の中に特殊な器具を入れられて、ミシミシって音がしたと思ったら、口の中に何か転がってきました。
脱脂綿か何かかな?と思っていたら、歯医者さんが一言、
「危ない危ない!歯を飲み込んじゃうところだったねー!」と。

え?どういうこと?と思っていたら、口の中に転がってきたのは脱脂綿ではなく、抜けた親知らずだったんです。

麻酔の効き目おそるべし…!と思いましたが、若干ほっぺにも麻酔をして欲しかった…とも思いました。

その後、親知らずがあったところにガーゼを詰めて、治療はお終いでした。
抜けた親知らずを見せて貰いましたが、横の方にまで黒いのが広がっていて…ちょっと見れたものではなかったです。
歯医者さんからは持って帰るかどうか聞かれましたが、特に思い入れもないので処分して頂くようお願いしました。

口の中に詰めたガーゼは30分経ったら捨てていいとの事だったので、家に帰ってから捨てましたが、やはり結構血が出ます。

そして、歯を抜いたあと2時間程度は食事をしないように…との事だったのがキツかったです。
ちょうどお昼時だったので。
2時間経ってすぐにお寿司を食べに行きましたが。
食べれるなら刺激物や硬いものでなければ何を食べても良いらしいです。

夕方頃になると、さすがに麻酔は抜けていましたが、痛みは全くありませんでした。
よく芸能人の方のブログでも、親知らずを抜いて顔が腫れたとか、抜いたところが痛くて眠れない、というのを見たことがあったので、念のためロキソニンを用意していたんですが、出る幕はなかったです。

次の日になっても痛みも腫れもなく、安心しました。
おそらく歯医者さんが上手な方だったんだと思います。

やっぱりホームホワイトニングは子供の頃からしておくのが一番です。

ただ、もう少し早く行っていれば、虫歯も小さかったかもしれません。
親知らずは抜くことになっていたでしょうが、手前の歯は虫歯になっていなかったかも…と思います。

今回の虫歯の経験から、これからは歯が痛いと思ったら早めに歯医者さんにかかろう…と思いました!